フリーターにエンジニアへの就職をオススメする3つの理由

フリーランスライフ

理由その1:ITエンジニアはとにかく人手不足 これはもう知っている人も多いかと思いますが、IT業界はとにかく人手不足が続いています。 経済産業省が2016年に発表した内容によると、2015年の時点で約17万人が不足している状態です。今後、2019年をピークに人材供給は減少傾向となり、より一層不足数が拡大すると予想されています。 【参考】IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました それはつまり、ITエンジニアは需要が多いということ。 これは職歴のないフリーターにとって大チャンスです。人手不足ゆえに、経験が浅くても採用される可能性がありますから。 私がITスクールに通っていた2008年時点でも需要は多かったですが、今はその比ではありません。まさしく猫の手も借りたいほど。 こちらの記事に詳しくまとめられていますので、興味がある方は一読してみてください。 フリーランスエンジニア向けのエージェント、Midworksの記事です。 エンジニア不足の原因とは?|IT業界の課題と現在行われている対策 理由その2:就職支援もしてくれるスクールがある

私がIT未経験で職歴なしのフリーターの状態からSEとして就職できたのは、ITスクールのおかげです。約二ヶ月間、プログラミングの勉強をし、その後、スクールに紹介されたシステム開発会社に正社員として就職しました。
職歴なしのフリーターの場合、自分で就活するのは大変です。
やりたいことがはっきしているフリーターなら別ですが、そうでない場合は書類で落とされ、面接すらしてもらえません
その点、就活サポート付きのスクールでしたら、自己PR文の添削をしてもらえたり、模擬面接もお願いできたりと、就活のフォロー体制も万全。フリーターの心強い味方です。
私がオススメするのは、プロエンジニアの無料IT研修です。
IT研修から就活サポートまで、全て無料で受講することができます。
フリーターにとって大チャンスですね。
https://aberyu.blog/2017/08/31/post-478/
実質無料でプログラミングを勉強できて、さらに就職サポートもあるスクールまとめはこちら。
https://aberyu.blog/2017/11/05/post-1043/

理由その3:収入が大幅にアップする可能性がある

スクールを利用してエンジニアとして就職した場合、おそらく下請け会社でしょう。
そうなると、収入はそれほど高くありませんし、ほとんど上がることもないでしょう。
ではどうやって収入を大幅アップさせるのか。
それは、フリーランスになることです。
私の場合を例に挙げると、フリーランスエンジニアである現在は、フリーター時代の月収の4倍の額を稼いでいます。
エンジニアはフリーランスになりやすい職種です。
なぜなら、フリーになっても会社員時代と仕事内容はそれほど変わらないし、自分で営業しなくてもエージェントが仕事を紹介してくれるから。私もエージェントにお世話になっています。
オススメのエージェントについてはこちらの記事に書いてます。
https://aberyu.blog/2017/08/15/post-260/

まとめ:ITスキルを身につけて手に職を

以上、フリーターにエンジニアへの就職をオススメする理由を書いてきました。
私は文系出身でIT未経験の状態からSEに就職しました。
そんな私でも就職できたんですから、「文系出身だから」とか「未経験だから」とか言い訳はできません。本人の努力でなんとでもなります。
就職したいフリーターは、とにかく行動しましょう。
少しでも参考になれば幸いです。]]>

コメント